HI-education(株式会社エイチアイエデュケ―ション)公式サイト

お問合せ |  サイトマップ

HI-educationは企業と人の未来を応援する人材紹介の会社です
株式会社エイチアイエデュケーション

TOP >> Hieとは

Hieとは…

HI-educationは企業と人の未来を応援する会社です

HI-educationは企業側の「人材難」、就職する側の「就職難」のミスマッチを改善する為に、人材の教育に力を入れ、企業に求められる人材を育成します。 一人ひとりの想いと企業の理念とのマッチメイクを計り、相思相愛になれる関係を作り出すことこそが、これからの未来を応援することができると考えています。

HI-educationの事業目的

閉塞感漂う日本の経済界において、人材の受給のミスマッチを解消することで、日本経済界の活性化、人々に生き甲斐のある人生の実現を支援し、社会貢献すること。 就職の厳しい大学生や専門学校生、セカンドキャリアを求める元プロアスリートなどに対して、社会人としての基本的な心構えや振る舞い、営業力を教育することで、社会に適用する人材に育て、中小企業へ斡旋することです。

代表のご挨拶

株式会社エイチアイエデュケ―ション 
代表取締役 小林一光

企業は使える人材が欲しいと常に思っています。 
使える人材とは人生の夢やビジョン、目標を明確に持ち、その為に今何ができるかを自身で考え行動できる人間のことです。
 学生は「いい会社に入りたい」と考えています。
「いい会社」に入れば、安定した生活ができ、苦労せ ずに生きていけると考えるからです。 会社は人が欲しい、若者は就職したい。 お互いニーズがあるのに、現状『人材難』『就職難』と いうミスマッチが起きているのです。
それは何故か? 
企業側から言えば、応募に来る数は多いが残念ながら 使える人材が少ないということです。 
使える人材と思って採用しても、「すぐ辞めてしまう」「すぐ諦めてしまう」ことが多いと聞きます。 
そもそも何故使える人材が少ないのか? 
それは、「自分を動かす原動力」を知らないからです。
 自分を動かす原動力とは夢やビジョンや目標を持つことで自身が持つ欲求を埋めることです。
「なんとなくできればいいな」では何となくの行動しかしません。思いの強さが行動の強さに比例するということです。 
体育会系の人間が企業から人気があるのは、自身を動 かす原動力を知っているからです。
スポーツには勝ち負けがあり、個々の数字があり、それに対して目標を 持つことで自身を動かすことができるからです。その目標が大きければ大きいほど、努力の大きさに比例します。目標に向け、自身を高めるすべを知っているということです。 
これは体育会系に限ったことではありません。 何かを成し遂げるという目標を持って諦めずに頑張っていた人たちなら誰もが自身を動かす原動力を持っているのです。 
しかし、今の教育現場では「自分を動かす原動力」を 知り、人生の夢やビジョンを一緒に考える教育をする ところはまだまだ数少ないのが現状です。
「ゆとり」の中で教育を受けてきて、競争を避けるよ うになった今の若者に非はありません。しかし、そんな若者たちがいきなり社会に出て、結果を求められてもすぐに対応できないのです。 
そのことが企業側の抱えている、採用しても「すぐ辞 める」「すぐ諦める」という問題に繋がっていくのです。 そのように社会に起きているミスマッチを解消し、真 の人材教育と人材紹介を通じて社会に大きく貢献できる企業を目指します。